折角の太陽光発電で失敗をしないために!

災害時など、電気が使えない状態であっても、
太陽光発電ならば、太陽が出ている限り、電力が賄える、という事は、
皆さん周知のことですね。
近ごろは家の近所でも、積極的に太陽光発電を取り入れている一般家庭を、
良く見受けます。
屋根の上にパネルをおいて、
太陽の光を採取している様子をみると、
「もっと太陽よ、さんさんと輝け」、と思います。
太陽光発電を家庭の屋根に導入するとなると、
国や自治体から、補助金がいただけるので、まことに嬉しい限りです。
補助金を貰って、自宅に太陽光発電パネルを設置し、沢山電力が発電できたら、
その余剰分は買い取ってもらえるという便利な仕組みもできています。
しかし美味しい話ばかり鵜呑みにしていると、
大事なポイントを忘れてしまいがちになります。
それは太陽光発電のパネルは常に外に出ているので、汚れやすく、
一旦汚れてしまうと、折角の太陽光を沢山集められなくなってしまうのです。
ということで、パネルを設置したら、そのままにするのではなく、
時折、パネルをきれいに拭いたり、目立つ汚れはお手入れする必要があります。
折角取り付ける太陽光発電ですから、効率よく電気を採電したいものですね。