導入前の確認ポイント

太陽光発電は、その名の通り、太陽光発電モジュールに太陽光を受けることで電力を発生させる発電方法を言います。
この発電方法は、無限にある再生可能エネルギーである太陽光を利用するので環境に優しく発電時に二酸化炭素を発生しないので地球温暖化の防止にも役立つとして取り入れる家庭が増えてきています。
ただ、太陽光発電モジュールは100万円以上する高価な買い物であり、設置する場所などによっては十分に力を発揮できない可能性があります。
そこで、モジュールを設置する前に確認しておくポイントがいくつかあります。
その一つは、モジュールを設置する住宅の屋根に十分な広さがあることです。
広いスペースのモジュールを設置して初めて大量の電力を発生させることができるからです。
さらに、屋根の向きも確認しておかなければなりません。
太陽は南方を通過するため、できれば南向きに屋根が向いている方が多くの時間太陽の光を受けることができ、発電できます。
また、一年を通しての日照時間が十分に確保できることも必要となります。
このようにモジュール設置前に確認しておくことで、太陽光発電の力を十分に発揮させることが可能となります。