誰にも迷惑をかけない

茨木市に知人がいるためよく遊びにいきますが、そこで驚かされてしまうものに太陽光発電システムの導入の低さです。
私が住んでいるところに比べて低く一般住宅の屋根に設置していないところもあちらこちらと数多く見返ることができます。
その太陽光発電といえば何と言ってもクリーンエネルギーの代表ともいえるものです。
あまりにも膨大すぎる太陽からの光エネルギーを電気エネルギーへと転換するため、ほとんど燃料費もかかりませんし何よりも二酸化炭素ガスのように地球の自然に悪影響を与えるものを一切出さないのです。
しかも一般住宅の屋根に設置するだけで土地や周辺に迷惑をかけることもなく太陽光発電を設置したからこと言って誰かに不安を与えるということもありません。
他の発電システムではそうは行きません。
太陽光発電と同じようにクリーンエネルギーと言われている風力発電ですらプロペラが回っているとき低周波の音が発生するため周辺の人々を不快にさせると嫌がられているのです。
でも、太陽光発電は違い誰にも嫌な目をしません。
クリーンでかつ周辺の人々に迷惑をかけないというメリットがあるからこそ、茨木市の住民たちにも積極的に太陽光発電システムを設置していってほしいと願っています。
このように太陽光発電の普及率が高まっていけば、多くの人々が自然環境に高い関心を抱くようになり、胸を張って未来の子供たちにより良い世界を引き継いでいってもらうことができるはずです。