1日の消費電力の6割を賄える

堺市は環境モデル都市に認定され、
環境保護のためにいろいろな活動をしています。
その一つがクールシティ・堺として、
地球環境の保護に役立つ太陽光発電の普及を促進しようという活動です。
具体的には、太陽光発電システム設置補助を行っています。
地球温暖化を招く温室効果ガスを排出しない、
クリーンなエネルギーを生み出す太陽光発電が注目されています。
それに、一般家庭の1日の消費電力の約6割を賄えるというのは魅力でしょう。
どれだけのソーラーパネルを設置するかによると思いますが、
それだけの電力を自宅で賄えるというのは安心感につながると思います。
太陽光発電システムはまだ高額ですが、
それでも数年前よりずっと低価格になっています。
しかも堺市では太陽光発電を設置した家庭に補助金を出しています。
さらに国からも補助金が出ているのですから、
数年前よりずっと太陽光発電を始めやすくなっています。
堺市のクールシティ宣言にもあるように、
地球温暖化の影響は徐々に大きくなっているという実感があります。
自分たちの使う分の電力を、
クリーンな太陽光発電で賄えるならどんなにいいでしょう。
太陽光発電は昼間にしか発電できませんが、
消費電力の多い昼間に発電できるのです。
まだ蓄電池は高額ですが、
蓄電池の価格の下がってくれば今より普及することは間違いないでしょう。
そうなれば昼間発電した電力を夜使うことも可能になります。
これからは電力も環境のことを考えて選ぶ時代になったのだと思います。