太陽光発電を東大阪市で取り付ける

エコロジーでクリーンな再生可能エネルギーである太陽光発電は全国の自治体で推進されています。
東大阪市でも太陽光発電の設置の際にかかる費用の補助などの申請を受け付ける活動をしていました。
そのような自治地帯の補助を受けながら取り付けることで環境にやさしく災害時にも自家発電を備えられる太陽光発電を有効に活用できるのです。
太陽光発電を取り付けるにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。
大きく分けて発電するためのモジュールなどの実際のシステムにかかる費用、そして取り付け代理店による工事費が挙げられます。
この工事費には屋根に架台を取り付けたりなどの実際の設置工事の他にも電気系統を扱う電気工事、そして高い屋根で行う作業のため足場を組む費用なども入ってきます。
また、陸屋根という平らな屋根の場合には太陽光を受ける効率をよくするために傾斜を付ける基礎工事も必要になってきます。
そのため瓦屋根やスレート屋根よりも若干費用がかかります。
また、モジュールやパワーコンディショナなどはメーカーによっても変わってきますし設置する機種によっても費用の幅があります。
設備容量1kwが60万円以下になることが自治体などからの補助金の対象となる目安になっています。
また太陽光発電は取り付けておしまいではありません。
モジュールには10年以上の保証期間がありますが定期的な点検やメンテナンスは欠かせません。
そうした定期検診を有料で行うところがほとんどですから太陽光発電を取り付ける際にはそうしたアフターケアの費用も予算に入れておく必要があります。
長く使うためには定期的にメンテナンスすることが必要です。
またパワーコンディショナなどの電気機器の保証期間はモジュールよりも短くて1年などとなっています。
こうした電気系統の故障に備える費用も必要になってきます。
太陽光発電は初期投資にかなりの費用がかかり、その後もメンテナンスの費用がかかりますが毎日の電気代をお大幅に軽減して環境に優しい生活を送ることができるのです。