Archive for the ‘環境問題と太陽光発電’ Category

東大阪市で太陽光発電を

毎年、毎年繰り返される夏の猛暑。
特に都市部では、建物や人が集中している事から、気温の上昇が著しくなっています。
しかし、それに反して、最近では、夏でも季節に関係なく、常に節電・計画的停電などと電力を問題にしています。
エアコン設定温度の変更や室内電気の利用について細かくアドバイスされること現状です。
このような状況で、快適に効率よく生活や仕事をする事はとても大変な事です。
また、老人施設や病院など一定の環境が必要な場所において電気は必要不可欠です。
そうした事から、身近に行える電力対策活動として、太陽光発電が推奨されています。
太陽光発電は、太陽光パネルを建物に設置することで、太陽光を集め、それを電力へ変換し、日常で利用するといったシステムです。
発電には、太陽光・日照が必要なため、パネルは屋根など屋外の日の当たりやすい場所への設置が必要です。
それに適しているのは、一般の戸建て住宅で、さらに戸建ての住宅地であれば、周りに高層ビルが少ない環境の事が多い事が理由でもあります。
最近では、エネルギー対策強化として、集合住宅での利用も進められてきています。
パネルを取り付けるだけで、自動的に発電が可能な太陽光発電は、エネルギーを作る過程でも何も環境に影響を及ぼす事がないため、とても効率的です。
そして、元々ある太陽光という自然エネルギーを再利用するといった点からも、クリーンエネルギーとして理想的な発電方法です。
自給自足の電力生活がおくれる家庭が増える事により、公共の施設などへの電力供給も安定します。
東京都心や大阪中心部など高層ビルが立ち並ぶ都市部での太陽光発電よりも、玉川や東大阪市など郊外での太陽光発電システムの利用が有効です。
夏の日差しの強い猛暑でも、その日差しの強さに比例して電力量が増すことで、猛暑でも快適な室内環境をつくる事が可能です。
特に夏場にエアコンなどで電力を必要とする、東京・大阪・名古屋などでは、この様な太陽光発電を利用する事がとても便利です。